特定不妊治療費助成・男性不妊治療費助成

[概要]

この事業は特定不妊治療(体外受精または顕微授精で採卵に至ったもの)や男性不妊治療を受けられたご夫婦に対してその費用を一部助成することにより経済的負担を軽減することを目的としています。

[支給内容]

特定医療機関で受けた保険適用外の特定不妊治療(体外受精または顕微授精)にかかる費用を助成します。
同時に男性不妊治療も受けた場合は、1回の治療につき、追加で最大15万円を助成します。
(下記Cは除く。) ※詳細はお問い合わせください。

  • 男性不妊治療(特定不妊治療に至る過程の一環として行われる、精巣内精子生体採取法(TESE)または精巣上体内精子吸引採取法。(MESA)など、精子を精巣または精巣上体から採取するための手術等に係る保険適用外の治療。
  • 指定医療機関および同医療機関から紹介された医療機関で受けた男性不妊治療。
<三重県の助成> 1回の治療につき、下記A・B・D・Eは最大15万円(初回の治療は最大30万円)を助成。
下記C・Fは最大7万5000円を助成。

<名張市の上乗せ助成>
助成対象となる特定不妊治療1回に要した費用から、三重県から支給される特定不妊治療を差し引き、1回の治療につき上限10万円。

<治療方法>
A:新鮮胚移植を実施
B:採卵から凍結胚移植に至る一連の治療を実施
※採卵・受精後、胚を凍結し、母体の状態を整えるために1~3周期の間隔をあけた後に胚移植を行うとの治療方針に基づく一連の治療を行った場合。
C:以前の凍結した胚による胚移植を実施
D:体調不良等により移植のめどが立たず治療終了
E:受精できず、または、胚の分割停止、変性、多精子授精などの異常授精等による中止
F:採卵したが卵が得られない、又は状態のよい卵が得られないため中止
(注意)採卵に至らないケースは助成対象となりません。

<助成回数>
初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢により異なります。
40歳未満:43歳になるまでに通算6回まで
40歳以上:43歳になるまでに通算3回まで

[対象者]

以下のすべての要件を満たしている方が対象です。

<三重県の助成>
  • 特定不妊治療以外の治療法によっては妊娠の見込みがないかまたは極めて少ないと医師に診断された法律上の夫婦。
  • 夫婦双方または一方が名張市内に居住していること。
  • 三重県特定不妊治療助成:夫婦合算の前年(1月から5月までの申請の場合は前々年)の所得金額が730万円未満であること。
  • 指定医療機関で治療を受けたもの(県内の指定医療機関は関連リンクをご覧ください)。
  • 県外の医療機関でも助成を受けることができますが、その所在地の都道府県から指定をうけていることが必要です。
    ※指定の有無については健康・子育て支援室へお問い合わせください。
<名張市の上乗せ助成>
  • 夫婦合算の前年(1月から5月までの申請の場合は前々年)の所得金額が400万円未満であること。
  • 三重県特定不妊治療費助成と同時に申請すること。
    (注意)初回申請のみ、三重県特定不妊治療助成事業で下記A・B・D・E の助成を受けた人は名張市特定不妊治療費助成の対象とならない。

[申請できる人]

対象となるご夫婦

[申請期日]

治療終了後(妊娠判定検査後)60日以内に、以下の書類を健康・子育て支援室に提出してください。

  • 三重県特定不妊治療費助成事業申請書
  • 特定不妊治療費助成事業受診等証明書(様式第2号)
    (特定不妊治療等を行った医療機関に証明してもらってください。)
  • 医療機関発行の領収書(コピー不可)
  • 世帯全員の住民票(3か月以内に発行されたもの)
    夫婦の氏名、生年月日、性別、続柄、住民になった年月日がわかるもの。
  • 夫および妻の所得・課税証明書
    ご夫婦それぞれについて、所得がない場合でも提出してください。
  • 戸籍謄本(初回の申請時)(3か月以内に発行されたもの)
  • 名張市特定不妊治療費助成事業申請書兼請求書(様式第1号)(該当の方のみ)

[手続きなど詳しくは]

「名張市特定不妊治療費助成事業(名張市サイト)」をご覧ください。

名張市特定不妊治療費助成事業(名張市サイト)

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく